「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

これは有名な山本五十六氏の言葉です。
この後に続く言葉が、

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

私はこの言葉こそが、
部下のマネジメントのすべてだと思っています。

無駄なく端的に要素を押さえて人材育成の本質を伝えている、
素晴らしい言葉ではないでしょうか。

経営者や人事の方と話していると、よく次のような言葉を聞くことがあります。

「うちは自律して動く人がいないんだよね」

気持ちは非常に分かります。
でも、自分から動いてくれないと嘆く前に、まずはやってもらうのです。

会社にとって貢献してくれる行動を明確に示し、
やってもらう。

でもやらせっぱなしにはせず、
ちゃんとできたら大いに褒める。

会社でこのような成功体験を積ませていきましょう。

会社が求めることをやれば、
ちゃんと良いフィードバックが来る。

これが実感でわかってくることで、
そのうち自分から考えてやってくれる人が、少しづつ出てきます。

嘆くばかりで、やったことを褒めず、
当たり前のこととして承認の態度も見せない。

頑張って行動したのに、
誰も見てくれていない、
誰からも何も言われない、
誰も評価してくれない。

このような経営者、
上司の下ではモチベーションは下がっていきます。

「部下が自分から動かないんだよね」

と、嘆いている経営者・上司がいる職場ほど、
このような風土になってしまっていることが良くあります。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

嘆く前に、これを実践していきましょう。

これをシステムにしているのが、人事評価制度なのです。

榎本